「人生を創造する力を取り戻す手引き」

 

 

”私たちは自分の人生を生きてるつもりですが、

奴隷として生かされている人がとても多い”

 

今では当たり前のように言われていることですが、

そうした事実を本当に受け入れることは難しいです。

 

ですが、これを認め、その自分を見ない限りは

そうした状態から抜け出すことはできません。

 

その中の一つとして、前回の投稿では、

 

【人生を楽に軽く生きる方法】

 

として簡単に書かせてもらいました。

 

一応、その内容も貼っておきます。

 

—-ここから---

鳴った電話に出なくてもいい、

メールの返信もしなくていい、

チャイムが鳴っても出なくていい、

 

「私の時間の使い方は私が決める」

 

「やりたいと思うことだけやる」

 

そういう風に心が変わっていくと、

もっと楽〜に人生が変わるのにね〜

 

本当に必要なモノや人だけが残って、

いらないもの、中途半端なものは

どんどん消えていく。

 

人生がどんどん軽くなります^^

 

—-ここまで---

 

しかしながら「この意味がわからない」と

メルマガ読者の方から質問がありました。

 

なので、ちょっと違う側面から書いて生きます。

 

「電話がなったら出なきゃいけない」

 

「メールが来たら返さなきゃいけない」

 

「チャイムが鳴ったら出なきゃいけない」

 

その無意識な行動が何を示してるかっていうと、

「外の世界に支配されている」ということです。

 

特に、慌てて反応してしまう人も少なくない。

 

家電がなったら、チャイムが鳴ったら、

慌ててその場所へと小走りするのです。

 

それは、自分で選んだ自分の時間を生きてるのではなく、

外側に「強烈に反応させられている」ということです。

 

もちろん、電話やメールは例え話だし、

意図的に選択してそれをしているなら、全然OK。

 

僕も、待ちに待った荷物が届く時は走ります(笑)

 

大好きな友人からの電話はかなり優先して出ます(笑)

 

でも、それを”無意識に思考停止でしている”なら、

クドイですが、

「外の世界に自分を支配されている」ということ。

 

それでは、ずっと自分の希望する人生は作れない。

 

こうなっている人が多い原因は、やはり教育。

 

「権威や外側に従順に反応するように」

 

日本ではそういう教育が中心だったからです。

 

だからこそ、僕たちは本来の自分の本当の姿に

戻っていく意識が必要なのかもしれません。

 

やれることは色々とあるけど、まず大事なのは、

毎日1つでも大好きなことをする時間を増やし、

自分だけのために使う時間を増やすということ。

 

主婦の方も、誰かのために入れるお茶ではなく、

自分のためにお茶を入れるということなんです。

 

もちろん、「そのついでに」旦那さんにも

同じお茶を入れてあげてもいいと思います。

 

そういう、「自分の快適を中心とした時間」を

少しでも増やしていく意識をしてみてください。

 

人生全体を快適にしていくためには、まずは

自分という個人の快適を増やしていくことです。

 

小林知央

 

 

 

===========

重要なお知らせ

===========

 

ブログやホームページではちょっと書けない

本当に使える情報を完全無料で配信してます。

 

無料メールマガジンといっても、

動画の講義も多いので面白いと思います。

 

まだ登録していない方はぜひ読んでみて下さい

 ↓ ↓ 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=206759

(スパムメールは送りません。解除も1クリックで出来ます)

 

それではメルマガの中でまたお会いしましょう。

 

小林知央