たった15秒でモチベーションが

12倍になるセルフコーチング術

 

 

 

 

 

▼クリックして動画を見る。 

 

※以下、動画の書き起こしです。

 

======================

たった15秒でモチベーションが

12倍になるセルフコーチング術

======================

 

小林です、

 

新しく何か始めたことがあるのに、

 

“モチベーションが続かなくてやめてしまう”

 

とかってこと、ありますか?

 

 

例えば仕事とかでも、

 

「やりたくないなぁ」って気持ちが

出てきちゃったりとか。

 

そういう方はですね、

 

ぜひ、最後まで聞いて頂ければと思います。

 

ちょっとしたコツなんですけど。

 

“あることをする”ことによって、

モチベーションをグッと高めて、

 

”やりたいこと”

 

とか

 

“マスターするべきこと”

 

とかってのを、

 

『最後までやれるようになる』ような

ちょっとしたワークをお伝えします。

 

で、

 

まず最初にお伝えしておきたいのは、

すべての物事は、どう考えても、

 

“最初が一番難しい”

 

ってこと。

 

これは絶対に理解しておきたい事実です。

 

なんでもそうなんですけど。

 

“ピアノを練習する”

 

とか

 

“スポーツをやる”

 

とか。

 

“新しいゲームをする”

 

とかも、そうですよね?

 

仕事もそうだと思います。

 

やっぱり「最初」が一番難しいし、

エネルギーを消耗してしまいます。

 

どんなにすごいピアニストも

それこそ最初は、

 

“コードを押さえるのでも精一杯”

だったはずです。

 

もちろん指なんて思うように動かない。

 

それどころか楽譜の読み方だって、

 

「どこがどうなのかな?」とか、

そういうところから始めるわけです。

 

だけど毎日、反復練習をしていって、

 

確実に上達をしていくわけですね。

 

誰だって同じなわけです。

 

でも、

「私は不器用だから、何も上手くなれないんだ」

とかっていう人、結構いるんですけど、でも、

今この僕の話を理解出来るってことは、

 

『日本語は理解出来る』てことですよね。

 

これって最初からできたわけじゃないはず。

 

絶対に、どこかで言葉を覚えて、

そして話せるようになっていった。

 

いつの間にか脳がそうやって

『反復練習』をすることによって、

 

できるようになったわけです

 

だからあなたが、言語を理解できている時点で

 

確実に、

 

『いろんなものを理解する』

ってことはできるわけです。

 

だから、まず理解しておきたいのは、

 

「途中で諦めなければ必ずできる」

っていうことです。

 

ですから、モチベーションを高め続けて

それを長く維持することができれば、

必ずあなたは何かをマスターできる。

 

時間はかかるかもしれないけど、

出来る』わけですね。

 

ですからここで、

 

「最初はやっぱり難しいものなんだ」

 

てこと、

 

「最初は出来なくて当然なんだ」

 

ってことを理解しておくということです。

 

そして、これからお伝えするエクササイズを

継続してやって頂きたいと思うんですね。

 

出来れば、今ここで紙とペンを用意してください。

 

そして、その紙に、

 

“最初は出来なかったんだけど、今は簡単にできること”

 

これを最低5つ書いて欲しいんですね。

 

すぐ浮かばなくても必ずあるので、

「何かないかなぁ?」って考えて

5つ挙げて書き出してください。

 

例えば僕だったらギター弾くんですけど、

 

「”ギターが弾ける”」

 

これも最初は全然コードも弾けなかった。

 

でも、続けたら弾けるようになりました。

 

あとは、そうですね~、

 

「人前で話す」

 

これも最初は全然できなかったんですけど、

機会を設けて少しずつ修正することによって、

話ができるようになったんですね。

 

あと、僕は女の子と話すのが

すごい苦手だったんですけど、

努力して話せるようになった。

 

とかね。

 

そういう風に自分の中で、

 

「これ、昔は出来なかったんだけど、今は出来るな」

 

とかってことを、5つ書き出して欲しいんですね。

 

『最低5つ』です。

 

でも、

 

「そんなの自分はないです」

 

って思う人もいるかもしれない。

 

でも、それは大嘘です。

 

じゃあ質問しますけど、

 

Q.

「一人で電車に乗れますか?」

 

Q.

「お箸やフォークで食事できますか?」

 

Q.

「日本語が理解できますか?」

 

Q.

「一人で洋服着れますか?」

 

Q.

「一人で靴下履けますか?」

 

Q.

「歩くことができますか?」

 

...

 

どうですか?

 

それらも最初は出来なかったはずです。

 

かなり苦労したはずなんですね。

...

 

時代的にどうでしょう、スマートフォンとか。

 

一番最初は操作すら出来なかったはずです。

 

パソコンもそうですよね。

 

あと、例えば「YouTubeって何?」とか、

それもわからないというレベルから、

 

”検索して好きな動画を探せている”

わけじゃないですか。

 

まぁ、関連動画かもしれないですけど。

 

何が言いたいかわかると思いますけど、

ようは、

 

『昔からできなかったのに今は出来ること』、

これって実はもの凄くたくさんあるはずです。

 

で、書いてもらったその下に、

 

「最初は難しい、でも今は簡単」

 

っていう風に書いておくんです。

 

これを常に持ち歩いてみてください。

 

そして、モチベーションが下がったら

書いた紙を取り出して見るんですね。

 

携帯の待ち受けにするのもいいでしょう。

 

で、

 

「あ~!そうそうそうそう!!そうだよ、

 最初は難しいんだけど、でも今は簡単だ」

 

「続けていけば出来るんじゃないか。」

 

って。

 

紙をちょっと見直すということだけでも、

モチベーションが維持できるんですね。

 

こうやって、ちょっとメモを取って見てたりすると、

 

「おお、そうだ、やろう」

 

って、ちょっとモチベーションが上がる。

 

そこでやることによって、1年後、2年後、

どれだけ人生に差が出るのか?...

 

“ギターが弾ける人生”

“ピアノが弾ける人生”

 

それと、

 

“ギターが弾けない人生”

“ピアノが弾けない人生”

 

どっちの人生の方が面白いか?

 

おそらく、できることが多い方が、

面白いに決まってるわけですね。

 

ですから、もしもモチベーションが続かず、

途中で挫折する経験が多いようでしたら

そうやって書いた紙をチョコチョコ見る。

 

そういう風にしておくことによって、

諦めない癖がついてくるんです。

 

で、まぁそうやってね、

90日間ぐらい繰り返すと、

やっぱり習慣化してきます。

 

いつの間にか

 

”諦める”って選択肢がなくなるっていう、

すごい強力なね、人物になれるんです。

 

是非ともですね、参考にして

いただければなと思います。

 

話をまとめると、

 

■STEP 1

紙とペンを用意し、

「最初は難しい、でも今は簡単」と書く。

 

■STEP 2

できる様になったことを5つ書き出す。

 

■STEP 3

紙を常に持ち歩いて、それをたまに見る。

...

 

以上です。

 

今日はこれで終わります。

 

小林知央

===========

重要なお知らせ

===========

 

ブログやホームページではちょっと書けない

 

本当に使える情報を完全無料で配信してます。

 

無料メールマガジンといっても、

動画の講義も多いので面白いと思います。

 

まだ登録していない方はぜひ読んでみて下さい

 ↓ ↓ 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=206759

(スパムメールは送りません。解除も1クリックで出来ます)

 

それではメルマガの中でまたお会いしましょう。

 

小林知央