人生の流れを変えたいとき、

やってしまいがちな勘違い

 

 

人生の流れを変えたい時には、

「何かやらないとダメだ!」と、

焦ってしまうタイミングがあります。

 

「こんな時間まで寝てしまった!」

 

「今日も結局何もしなかった!」

 

「こんなんじゃダメだ!!」

.. 

 

そうやって焦る場合があるんですね。

 

でも、そんな時こそ無闇に動くのではなく

 

「減らす」

 

という行動を取ってみてください。

 

掴むのではなく、手放すのです。 

 

だって、本当にやりたいことがあれば、

人は意識しなくてもやっちゃうのだから。

 

だから、強引に動こうとするんじゃなくて、

自然と動ける対象を探しにいきましょう。 

 

それを避けて、中途半端に使命感・責任感を感じて、

出来ない自分を他人と比較して罪悪感を感じても。

 

それって、なんかあんまり意味ないし、

人生が勿体ないかなと思うのです僕は。

 

自分の想いの中にない行動をするくらいなら、

 

『徹底的になーーーんにもしないでみる」

 

そして、何もしない中で自然と湧き出てくる

「何か」があれば、それって継続することは

簡単だと思うのです。

 

『やりたいこと』だから。

 

ここから先、なるべくわかりやすく書いていきます。

 

 

 人生の流れを最短最速で変える..

 

 

僕は今でこそ、自分がやりたいことを

24時間365日やって生きてます。

 

でも、こうして好きなことが見つかり、

ワクワクする中で生活出来るようになるまでは、

それなりに時間も費やしてきました。

 

もちろん最初から上手くいきませんでした。

 

でも、

「絶対に満足のいく人生にしたい」と

そこだけは強く思いを持ってました。

 

だから、色んなことにチャレンジしました。

 

でも、すぐに飽きてしまうんですね。

 

「これだ!これしかない!!」なんて思って

やってみると意外と大変で逃げ出したり。

 

あぁ、

 

 「結局、何をしても身にならない」

  

なんて諦めかけてました。

 

でも、ある時にこんな言葉を耳にしました。

 

僕のメンターがしてくれた「味噌汁」の例え話です。

 

メンター:

「味噌汁作りに失敗したとします。どう考えても美味しくない。

 そこで、失敗した味噌汁をどうにか美味しくしたいと考える。

 皆はこぞって、味を付け足したり水で薄めたりします..でも、

 それで何度も何度も、同じ失敗を繰り返してしまうのです。..

 いいですか?もしも最短で美味しい味噌汁に変えたいなら、

 一度全部捨てるんです。そして、1からやり直すことです」

 

...

 

これは強烈でした。

 

でも、すぐにこれは真理をついてると思ったのです。

 

当時の僕は、

「やれ英会話をやってみようか」

とか、

「やれデザインスキルだ!いやホームページだ!」

とか

 

そうやって「増やすこと」ばかりを考えてました。

 

でも、考え方を変えました。

 

「何もしない時間を少しでも作っていこう」

 

そう、何もしない時間を

敢えて作ることにしたんです。

 

僕にとっては、これが効きました。

 

週に1回、それが無理でも、月に1回は必ず、

意図的に「何もしない日」を作るのですね。

 

その日は、誰とも会わない。

 

電話も出ない。

 

メールも返さない。

 

大丈夫、次の日に返信すれば問題ないです。

 

あなたの人生なのだから、電話に出ないのも

メールを返さないのも、本来あなたの自由です。

 

極力、そうやって一人きりの時間を作ります。

 

この日は、心が本当に求めたことしかしません。

 

そして、自分自身と対話することを意識します。

 

・心に聞く

・対話する

 

この2つがルールです。

 

自分の中から何かの意思が出たら、

すぐに従うのではなく、必ず対話をします。

 

 自分の中にある感覚と対話

 

人というのは面白いもので、

過去から受け継いだ習慣によって

「思考」と「次の行動」を決めます。

 

だから、本当にやりたいわけでもなく

必要でもないことだったとしても、

過去のパターンによって思考され

行動につながっていくわけですね。

 

本来なら、

「お腹が減ったからご飯を食べる」

それでいいわけです。..

 

でも、

 

「あ!いけない!朝9時になったし

 朝ごはん食べないといけない!」

 

とかになる。

 

誰が決めたかわからない「縛り」の中で

思考して行動してしまうんですね。

 

多くの場合、これは親や先生です。

 

でも、あなたはもう大人です。

 

自分で決められます。

 

なので、何か意思が出てきたら、

「それ本当ですか?今しないとダメですか?

 本当にやりたいことなんですか?」

 

なんて対話形式で自分に質問する。

 

そうすると、

 

「いや、そうでもないかも」

 

なんて答えが出たりすると思います。

 

やってみた人には、伝わると思います。

 

 

 2つのモチベーション

 

 

行動心理学的に「人が行動する時」は、

 

・何かを得たい時

・何かを守りたい時

 

本来、この2つしかありえません。

 

ですが、

 

普段の生活が「流れ作業」のようになって

感性が鈍ってきている現代人の多くは

こうした意識を持った行動なのではなく、

無意識で行動してしまっている場合が多いです。

 

 

「得たいからする」

なのか、

「守りたいからする」

なのか、

 

これらがわからなくなっている..というか

意識しなくなってしまってるのですね。

 

言い方を変えると、それが、

 

「思考停止状態」

 

「自分の人生を生きてない状態」

 

「外側に支配されている状態」

 

これらに繋がってくると思うのです。

 

個人的には、僕はそういう人生は嫌です。

 

できれば、

 

 理想をデザインする生き方

 

 

これが理想だと思いますし、こういう人が、

一人でも多く出てくるといいなと思います。

 

『それぞれが、好きなことだけをする世界』

 

自分がやりたいことを見つけ、ワクワクして、

毎日が充実した生き方..僕はそれを望みます。

 

人生において時間が経過すればするほど、

当たり前に良くなっていく人生。

 

そういう人生がいいと思うのです。

 

こういう生き方にシフトしていくのは、

まず「行きたい方向を意図する所」から

変化を始める必要があると考えています。

 

何かをする時に無意識で行うのではなく、

明確な目的地を意識して行動することです。

 

行き先は大阪なのか、北海道なのか、

ハワイなのか、ハワイの中でも何島なのか...

 

最初はとにかく、この「明確な意図」が

重要なのです。

 

しかし、その意図が問題なんですね。

 

本当に行きたい場所、やりたいこと、

なりたい自分がわからないという場合が

現代では極めて多いからです。

 

だからこそ、まずは何もしない時間を作って、

自分自身と対話して思い出していくんです。

 

過去に作られたパターンという縛りから抜け、

自分の意思と目的に応じた新しいパターンを作る。

 

自らの意思で、楽しく人生を作っていきたい、

僕はそう思うわけですね。

 

あなたはどうですか?

 

けっこう多くの方に共感して頂ける

のではないでしょうか?

 

で、改めて話を戻すと..

 

 人生の流れを変える最短最速は..

 

大事なので何度も言いますが、

こういう時こそ「減らす」のです。

 

『人生の流れを変えたい』

 

はい、まずは捨ててください。

 

やることを減らしてください。

 

これ超大事なんですね。

 

『人生の流れを変えたい』

 

こういう気持ちが溢れてくると同時に、

多くの人が「増やす」行動に出やすい。

 

減らす効果を知ってても、つい増やす。

 

でも、増やすことは効果的ではないです。

 

本当に効果的なのは、

 

「減らす」

 

ということ。

 

僕は体験的にそれを感じてきています。

 

例えば、

 

・ストレスに感じていることを減らす。

・会いたくない人と会う時間を減らす。

・自分がやらなくてもいいことを減らす。

などなど

 

こうしてスケジュールの中に「隙間」を作るんです。

 

1分からでも、1秒からでもOKです。

 

徐々に捨てましょう。隙間を作りましょう。

 

そうすると、自ら何かをしなくても、

新しくできたスペースに新しいものが入ります。

 

「私は本当はどんなことが好きなのかな?」

 

「あ、これやってみたいかも!!」

 

「なんか、好きだと思ってたことが微妙に感じる。ヤメよう」

 

「他人のことばかり考えてて、自分のこと考えてなかった」

 

などなど

 

新しい自分を発見していくことでしょう。 

 

新しい情報も、新しい人脈も、入ってくるためには

それが入ってくるだけの隙間が絶対に必要なのです。

 

スペースを作らなければ、入りません。

 

睡眠以外の時間をサッカーに費やしている人が、

同時に英会話を身に付けたいと考えた場合は、

サッカーの時間を「減らして」、その隙間に、

英会話を学ぶ時間を入れないといけません。

 

よく聞く例え話を使わせてもらうと、

水が一杯に入っているコップの中に

新しい液体を入れようと思った場合、

まず最初にすることは、

 

「コップの中の水を捨てること」

 

だと思います。

 

まず先にコップの中の水を捨てて、

次に新しい液体を入れていく作業。

 

人生もこれと一緒だと思うのです。

 

もちろん、

 

 瞬時に無限の可能性を受け止める

 

ということも可能だと思います。

 

『わざわざ捨てることなく、全てから吸収する』

ということです。

 

それはつまり、あなたのサイズそのものを

大きくするということです。

 

人には「器」があります。

 

当然、大きくしていくことも可能です。

 

「知識・経験」などを増やしていくことで、

それは可能となるでしょう。

 

しかしこれは、

『RPGのレベル上げ作業』

のように、ジワジワ・コツコツ

行う必要があります。

 

もちろん長期的に見れば、必ず、

行って欲しいことではあります。

 

が、それはそれです。

 

「減らす作業」も並行して行ってくださいね。

 

まず何より先に「捨てる」ことが最短最速。

 

そうして器に隙間を作りつつ、同時に、

知識や経験を積んで器を広げていく。..

 

これが最高のバランスだと思います。

 

まとめると、

 

人は、人生に変化を求める時、

現状に満足できないと感じる時には、

 

「何かやらなきゃ!!」

 

と焦ることがあります。

 

でも、そんな時こそ無闇に増やすのではなく、

「減らす」という行動を取ってみてください。

 

『毎日のやることを減らす』

 

『一人きりの時間を作る』

 

その中で心から出てくる欲求に耳を傾ける。

 

やってみると、激的に人生の流れが変わります。

 

小林知央

 

 

===========

重要なお知らせ

===========

 

ブログやホームページではちょっと書けない

 

本当に使える情報を完全無料で配信してます。

 

無料メールマガジンといっても、

動画の講義も多いので面白いと思います。

 

まだ登録していない方はぜひ読んでみて下さい

 ↓ ↓ 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=206759

(スパムメールは送りません。解除も1クリックで出来ます)

 

それではメルマガの中でまたお会いしましょう。

 

小林知央