部下のモチベーションを引き出す

 

 

仕事のモチベーションとかの話をします。

 

昔、ガソリンスタンドでバイトしてた頃、

当時のお偉いさんに怒られたことがある。

  

僕が「ガソリンを売ること以外」に対して、

何度言っても積極的ではなかったからだ。

  

「おい小林!洗車をお勧めしろ」

 

「おい小林!ボンネットの点検だけでもしろ!」 

...

 

でも、その時の僕はできる限り、

そういう売り込みをしませんでした。

 

「なんでアルバイトの俺がそこまで..面倒臭いな」

 

そうやって逃げていたんです。

  

でも、それが無知だとわかりました。

 

正確には、教えてもらえたのです。..

 

..ガソリンスタンドの収益構造って複雑で、

何層にも分かれている構造なんです。

 

本当は少し違うんだけど、伝わるように

超ハショッてわかりやすく説明すると..

  

【一番上の位置に油田の所有者 

 

その次に、

【ガソリンを精製して流通させる会社】

  

その次に、

【ガソリンをユーザーに売る会社】

 ...

とまあ、ざっくりこんな感じです。

 

僕がやっていたガソリンスタンドは

一番下に位置するガソリン販売店です。

(下だからって低いとかではないです)

 

で、

 

アルバイトをする僕の立場からすると、

「ガソリンを給油する仕事」として

そのアルバイトに向かうわけですが、

実際はガソリンの利益は極わずか。

 

ガソリンばかり売れても利益は出ない。

 

ガソリンスタンドで売られる燃料の利益は

 

ほとんどが一つ上に位置する、 

【ガソリンを精製して流通させる会社】 

に、納められることになります。

 

で、一番下にある販売店は、

いくらガソリンが売れてもダメ。

 

『油外-ゆがい-』

 

と言われる商品を売ってこそ、

利益につながる仕組みなんです。

 

それは例えば、

 

・洗車

・車内清掃

・オイル交換

・ウォッシャー液

・ガラスコーティング

 

などなど

 

ガソリン以外の商品ですね。

  

それを全く知らなかった僕は、

やることはやってるつもりでした。

 

でも、ある時にお偉いさんに言われました。

 

「どれだけガソリンが売れたとしても、 

 俺ら給油所の社員は、家族を守れない。

 油外を売らないと利益は出ないんだ。 

 俺はお前の生き方をどうこう言わないけど、

 うちの会社から給料もらって生きてるなら、

 お前が働いている時間は貢献して欲しい」

 

僕は無知だった自分を恥ずかしく思い、

その日以降、勤務態度が変わりました・笑

 

人は「なぜ」に動く

  

そして、

  

知らないって怖いな~って話でした。

 

怒ってくれる人、教えてくれる人は宝ですね。

 

小林知央

 

===========

重要なお知らせ

===========

 

ブログやホームページではちょっと書けない

 

本当に使える情報を完全無料で配信してます。

 

無料メールマガジンといっても、

動画の講義も多いので面白いと思います。

 

まだ登録していない方はぜひ読んでみて下さい

 ↓ ↓ 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=206759

(スパムメールは送りません。解除も1クリックで出来ます)

 

それではメルマガの中でまたお会いしましょう。

 

小林知央