幸せな道と不幸な道の選び方

 

 

「自由になりたい」と言う人が居ます。

 

僕も昔からそう思っていましたし、

多くの人に自由になって欲しいです。

 

経済的な自由

 

精神的な自由

 

時間と場所の自由

 

全ての縛りから抜け出し、本当の

自由を手に入れて欲しいと思います。

 

ですが、本当の自由を手にするためには、

『実は自由なんて存在しない』という事

理解しておくことが大切だと考えています。

 

変な言い方になってしまうのですが、実は

「完璧な自由」というものは存在しません。

 

 

 

では何があるのか?

 

 

それは、

「幸せになる選択肢」

「不幸せになる選択肢」

 

これらがあるだけです。

 

 

そして、日頃の選択の連続の中で、

現状が不幸せだと思っているなら

まずは自分の今までの選択基準が

間違ってたと認めることが大切です。

 

これはとっても辛い作業ですが、

変わるためには、

 

「今の結果は過去の判断が作ってきた」

 

という自己責任の世界に根を張り、

その生き方をマスターする必要が

あるわけですね。

 

そして、日常で起こる全てに対して、

反射的な選択・決断をヤメるのです。

 

人はほとんどの場合、反射的に反応して

次の行動を決めています。

 

目の前に自動販売機があったからジュース買う。

 

テレビの映像を見て感情がゆらゆら揺れる。

 

他人の言動に一喜一憂する。

 

しかし、それら全ての出来事に対して、

自分で反応を選ぶことができるのです。

 

何かが起きても、それに対して怒るか、

冷静な対応をするかはこちらの「自由」です。

 

しかしここでも、

 

「幸せになる対応」

 

「不幸せになる対応」

 

この2つの選択肢だけがあります。

 

 

 

長期的な幸せを構築するコツ

 

 

何かの判断をするその前に、

 

 

「どの選択が私にとって最高最善だろうか?」

 

 

こう質問し、選ぶようにするだけです。

 

この質問はとても強力で、言葉には力があり、

日本人の我々はDNAレベルでわかっています。

 

「最高最善」

 

この言葉を意識するだけで、日頃の行動や

言動がかなり変わってくるはずです。

 

しかし、それだけではわからないと

仰る方もいるかもしれません。

 

そこで僕の考えを更に1つシェアすると、

 

 

『どの選択が長期的にプラスかな?』

 

 

こう質問することもかなり効果的です。

 

『短期的か』

 

『長期的か』

 

人は本能的に、短期的に楽な方を

無意識で選ぼうとします。

 

しかし、現代社会においてそれは、

多くの場合「不幸せ」な道を作ります。

 

長期的にプラスの選択をすると、

年齢を長く生きれば生きるほど、

毎日が継続すればするほど、

 

『当然よくなる』

..

時間の経過と比例して、

 

当前の結果として、

 

ドンドン『幸せ』が増える生き方。

..

 

それが、

 

『どの選択が私にとって最高最善だろうか?』

 

『どの選択が長期的にプラスかな?』

 

この2つの質問で可能になるのです。

 

あらためて、私たち人間には

「本当の自由」というものは

存在していません。

 

存在している様に見えるだけで、

実際には、

 

「幸せになる選択肢」

「不幸せになる選択肢」

 

があるだけです。

 

その選択の連続の中で、

 

「どの選択が最高最善だろうか?」

 

「どの選択が長期的にプラスか?」

 

こう質問し、選ぶようにする。

 

それは多くの場合、

「幸せ」な道を作ることになります。

 

 

 

小林知央

 

===========

重要なお知らせ

===========

 

ブログやホームページではちょっと書けない

 

本当に使える情報を完全無料で配信してます。

 

無料メールマガジンといっても、

動画の講義も多いので面白いと思います。

 

まだ登録していない方はぜひ読んでみて下さい

 ↓ ↓ 

https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=206759

(スパムメールは送りません。解除も1クリックで出来ます)

 

それではメルマガの中でまたお会いしましょう。

 

小林知央