ドン底から自由への道〜その9〜


※この記事はストーリー形式になっています。

このページは「第九話」です。

 

▶︎第一話はコチラ

▶︎第二話はコチラ

▶︎第三話はコチラ

▶︎第四話はコチラ

▶︎第五話はコチラ

▶︎第六話はコチラ

▶︎第七話はコチラ

▶︎第八話はコチラ

 


 

あれから自宅に到着し、夕食を食べ終えた頃。

 

代表から出される今日の課題が書かれたメールが

僕のメールボックスに届くことを待っていた。

 

前回をご覧になっていない方は

⇒コチラからご覧くださいませ。

 

【前回はコチラ】

http://www.kobayashitomoou.com/don-seikou/8/

 

 

課題が届くのを、僕はワクワクして待っていた。

 

毎回、出される課題をやるのは大変だったけど、

自分の頭がドンドン変わっていくことがわかったから。..

 

それに、代表の出す課題や、毎回の講義を通して、

『本物のお金持ちの思考』に触れられるのだ..

 

普通に生活していては絶対に出会えない世界の人。

 

僕はそういう印象を代表に持っていたのだ。

 

代表と関われる時間が、僕にとっては最高の時間となっていた。

...

 

p.m. 20:30分過ぎ、

 

僕のスマートフォンが鳴った。

 

代表からメールが届いたのだ。

 

メールには、こう書かれていた。

 

==============

メールの内容と課題

==============

 

こんばんは、今日も楽しかったですね。

 

さて、今日の話を腑に落とすために

とても効果的なワークを用意しました。

 

何度も行うことで、お金に対するイメージや

価値観が良い方向に変化していくはずです。

 

さきほども話した通り”幸せな経済的成功”を

心から望むのであれば、お金に対する価値観を

最適で健全なバランスにすることが重要です。

 

『お金を支払う時に何か損した気分になる』

 

『お金を受け取る時に支払う相手に悪い気がする』

 

この思いは多くの場合、対になっています。

 

自分が支払うことが嫌だと感じていると、

受け取る側になった時、支払う相手に対し

『なんだか悪い気がするな』となります。

 

なので、本当の価値を理解し、

お金との距離を適切な形に整えることで、

 

『支払うことも嬉しい・受け取ることも楽しい』

 

と、本来の健全な経済活動に移行することができます。

 

これもまた新しい価値観を反復して刷り込むことで

過去とは違う価値観の世界へ移ることができます。

 

それは文字通り、「パラダイムシフトする」

ということなのです。

 

ぜひ真剣に取り組んでみて下さい。

 

※(注)

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

もしも、今これを読んで下さっているあなたが、

お金との付き合い方を最高の形に変えて行く事で、

お金を引き寄せてしまう体質になることを望むなら。

 

実際に紙とペンを用意していただき、僕が代表から

出されたワークをやってみると、お金との距離感が

激変すると思いますので、面白いと思います。

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

 

【代表の課題】

 

次の問いに対して、思いつく限り書き出して下さい。

(正解はありません)

 

【Q.1】

最近、何を買いましたか?思い当たるものをいくつか挙げて下さい。

 

【Q.2】

Q.1で書き出した物やサービスにお金を支払うことで、支払った相手や社会に対して、どれだけ貢献していますか?1つの対象に対して100個以上、なるべく細部まで具体的に書き出してみて下さい。似ていてもOK。

 

例)支払った先の会社の雇用を産んでいる..等。ただし、なるべく詳細まで具体的に書き出すこと。

 

【Q.3】 

あなたがお客さまからお金を受け取ることで、あなたの周囲にどれだけの恩恵がありますか?100個以上、具体的に書き出してみて下さい。似ていてもOK。

 

例)貯蓄、生活、旅行、親孝行、交際..等。ただし、なるべく詳細まで具体的に書き出すこと。

 

...

 

こういう課題だった。

 

僕はすぐにこの課題に取り組んだ。..

 

でも、実際にやってみると、

『100個』という数字がとても大変。

 

最初は3個程度でペンが止まってしまい、

それでも粘って1つずつ書き出していった。

 

それでも100個は全くもって無理だった。..

 

そうして一週間後、代表とお会いする日がやってきた。

 

代表

「さて、課題の結果をシェアしていただけますか?」

 

「はい!100個は書けなかったのですが、思いついた限り言います」

 

代表

「(無言でうなずく)」

 

「まず、最近お金を支払ったものは、コンビニでの昼食、カフェでのコーヒー、洋服、スマートフォン、電車代、家賃(当時は実家だったので両親に支払った)です。最近無駄な出費を抑えているので、買ったのはこれくらいです」

 

代表

「続けて下さい」

 

「次に、僕が支払うことで相手や社会に対してどう貢献しているのかですが...スマートフォンの項目が比較的多く思いついたので、それで行きます。

 

まず、僕がお金を支払うことで、その会社のアルバイト、正社員、社長などの給料になります。

 

あと、僕一人が支払う金額は少ないですが、それでもその会社の生き残りに貢献することができるので、その会社が、多くの人に通信環境を提供するのに間接的に貢献することができます。

 

あと、その会社が売り上げを上げることで、また更に新しいシステムとか、新しい機種を研究・開発する費用に当てることができて、携帯の業界が今より快適になることにも間接的に貢献することができます。

 

あと、えーと..考えついたのはこれくらいでした..」

 

代表

「OKです。良い所を見れていますよ。ですが、実はもっともっとありますから、一緒に考えてみましょうか」

 

「はい!」

 

代表

「あなたがお金を支払うことで、アルバイトや正社員、社長の給料にもなるという部分。これは間接的に、あなたが彼らの給料の一部を支払っていることになりますね。その通りだと私も思います。」

 

「はい!(内心凄く嬉しい(笑))」

 

代表

「ではその彼らが、あなたも関わった給料を貰うことで、次にどこかにお金を使いますよね?..あなたが支払った所から1段階以上の距離はありますが、彼らが生活を通して使うお金に、あなたも関係していますよね」

 

「あ、確かにそうですね..えっと、でも、僕なんか携帯電話に月に1万円くらいしか支払わってないです。その会社は何千人以上も従業員がいるので、なんかそこまで飛躍していいのでしょうか?傲慢な気もしてしまいます」

 

代表

「いえ、事実だけを話してます。1円だろうが、1億だろうが、関わっているかいないかという話です」

 

「あ、すみません、関わってます!」

 

代表

「大きな売り上げは、小さな積み重ねでしかありません。1000万円も100億円も、1円の積み重ねなのです。その電話の会社は、あなたのように月1万円を支払う人の集合体で売り上げが成り立っているのです」

 

「はい、確かにそうです」

 

代表

「OK。話を戻しますね。..仮に、その会社の従業員が、月30万円の給料を会社からもらいました。まず、あなたはその給料にも貢献していることになります」

 

「はい」

 

代表

「次に、彼らはどこへお金を流しますか?イメージしてみて下さい」

 

「はい。まず家賃。家賃だと、高くても10万円、都内だと安くても4万円くらいでしょうか。..あと電気代、ガス代、水道代、携帯代、ネット回線、保険料、電車代、食費..あ、食費っていう事はスーパーとか、飲食店とか..」

 

代表

「いいですね。ではここで、更に思考の枠を広げましょう。彼らがスーパーで買い物をしたという事は、彼らの給料はスーパーの従業員の雇用にも貢献したことになります。それならば、前段階で彼らの給料に関わったあなたも、そのスーパーの雇用に貢献したことになります」

 

「うわ、なんか凄いです..」

 

代表

「そのスーパーも、入った収益で翌日以降の商品を仕入れる必要があります。農家から野菜を仕入れ、魚市場から魚を仕入れ、お菓子のメーカーにもお金を支払って仕入れるでしょう。ということは...」

 

「つまり、僕も間接的に農家さんにも漁師さんにも貢献していることになる..」

 

代表

「はい。リアリティを感じるか感じないかは別としても、事実、そうですよね。全く無関係ではないのです」

 

「こうして考えると、終わりがないですよね..」

 

代表

「はい。グルグル循環します。そして、いつかあなたの所に戻ってきます」

 

「うわ!戻ってくるんですか!」

 

代表

「そうです。お金は常に循環し、またあなたの所へ戻ってくるのです」

 

「はあ」

 

代表

「わかりやすいので私のことを例にすると、私はよくオーガニックレストランで食事をするのですが、そこで支払ったお金が、私の経営している店舗に戻ってきます。店舗とは、具体的に美容院だとしましょう。

 

最初、レストランに私が支払ったお金は、そのお店の料理人、アルバイト、正社員など..従業員の給料になります。

 

もちろんそれだけでなく、そのお店が次の日も営業をするための資金にもなり、おしぼり屋、酒屋、野菜関係、魚関係、電気屋、ガス屋、水道屋、運送屋..それ以外にも地主、投資家など..もう挙げたら切りがないくらい様々な所にお金を流します。

 

その1つとして、実際に私がよく行くオーガニックレストランの料理長が、私が経営している美容室の常連客です。レストランのアルバイトさんも、数名、私の美容院へいらっしゃるみたいです。

 

飲食店は見た目の清潔感も重要ですからね。..

 

突き詰めて考えていくと、更にそこから美容師の給料になったり、美容室の機材や必要な経費にも流れていく。

 

そうやって見えない所で社会が密接に関係し、プラスの循環をしていく。経済活動はこういうものだと私は捉えています」

 

「すごくわかりやすいです」

 

代表

「なので、あなたがお金を支払うことは、その会社に関わる全ての人、その先に居る人や、その先にある会社にまで貢献していることになるんです。

 

それを意識して、楽しい気持ちでお金を使う様にしてください。あなた自身が楽しくお金を使える様になれば、相手からも楽しくお金を受け取れる様になり、お金を稼ぐことがスムーズになっていきます」

 

「はい!」

 

代表

「では次の課題に移りましょう」

 

「はい。..僕がお客さんからお金を受け取ることで、どれだけ周囲に恩恵があるか..。今の代表の話を聞いてて、今思いついたことも付け足して話しますね」

 

代表

「はい、ぜひそうして下さい」

 

「僕の場合、実家に住んでるので、家賃は親に支払っています。親に家賃を支払うことで、親が経済的に楽になる、すると精神的にも余裕が出る。..

 

親が精神的に余裕を持つことで、僕への『早く独り立ちしなさい!』というプレッシャーや圧力も減る..」

 

代表

「なるほど(笑)」

 

「(お!笑ってくれた!)..あと、少しづつ貯金して、普段行けない場所へ旅行なんかすれば、地方の街の経済活動を応援することにもなりますね」

 

代表

「とても視野が広がりましたね!」

 

「はい!僕がお金を受け取り、使える形になることで、親孝行も出来るし、恋人へプレゼントを上げることもできる..ああなんか、可能性は無限ですね!」

 

代表

「はい。更に言うと、あなたが自分でビジネスをしていたら、更にその受け取る貢献が大きいものになります」

 

「そうなのですか?」

 

代表

「具体的に、あなたがお金を受け取ることで、会社に使えるお金も増え、新商品を開発したり、宣伝費にして大きくお客さんを集めたり、自身の勉強に使って社長としての器広げ、より質の高い商品やサービスを世の中に出すことができます」

 

「凄い!ワクワクしますね!」

 

代表

「どうですか?話してる中で、少しずつ、お金を使うこと・受け取ることの価値観が変わってきましたか?」

 

「はい!だいぶ変化してきています!なんかこれから凄く楽しみです」

 

代表

「今日はもう少しお金について学びましょう」

 

「よろしくお願いします!」

..

 

ここに、当時代表から聞いた話をまとめておく。

 

 

『お金』とはとても面白いもので、

人によって全く違う意味になるものだ。

 

例えば、人によっては、

 

「可能性を広げる道具」

「欲しいものと引き換える券」

「愛の表現」

 

などとポジティブに言うかもしれない。

 

でも、また違う人にとっては、

 

「汚いもの」

「恐いもの」

「悪の象徴」

 

など、そのようにネガティブなイメージかもしれない。

 

正解は1つではないし、どれもその人にとっては正しい。

 

だが、幸せにお金持ちになっている人の特徴として

共通したお金に対する価値観が存在していると、

代表は教えてくれた。..

 

それが、

 

お金とは『感謝』『応援』というもの。

 

まず『応援』から。

  

例えば、お店に入って何かを注文する。

 

そこで商品が出てくるまでには、数10人、数100人、

数えきれない人が、自分の代わりに働いてくれた事になる。

 

アルバイトさん、社員さん、運送屋さん、掃除屋さん、

農家さん、漁師さん、洋服屋さん、デザイナーさん..

 

その前には、事業家が事業を計画し、資金を調達して

リスクを背負う中で開業する等の必要もあるだろう。

 

それまでに、かなりのリサーチ時間もかかっている。

 

またその裏側には、億を動かす投資家さんがいたり、

土地を所有している地主さんが土地を貸し出したり、

正社員になる人達、アルバイトを頑張る学生さん、

パートのおばちゃんや外注先、様々な取引先など..

 

本当にたくさんの人が関わってくれている。

 

こうした人達がいてくれるからこそ、

快適な日常生活を送る事が出来る。

 

逆に、そのサービスにお金を払う人が

一切居ないということがあった場合、

その会社は倒産してしまうことになる。

 

あなたがお金を払い、そのサービスを受ける事で

支払う先に関わる全ての人の人生を支えているのだ。

 

あなたがお金を支払ったからこそ、その会社の従業員、

その先に居る家族、子供達、様々な人の命が明日に繋いでいく。

 

そういう意味で、何処かの企業やお店で

お金を使って買い物するということは、

その企業に対して一票を投じている..

 

ということになるのだ。..

 

お金を支払うということは、

 

『あなたの会社は素晴らしいですね!

応援してます!頑張って続けて下さい!』

 

そうやって応援しているということと同じなのだ。

 

続いて『感謝』について。

 

世の中には便利な物やサービスがたくさんある。

 

機械類で言えば...例えば飛行機。

 

一人でこれを研究・開発することはとても困難。

 

飛行機が無ければ、海外への移動などは命がけだ。

 

場所によっては、徒歩や船を使って

何ヶ月も何年もの時間が必要だろう。

 

しかし、今は数時間寝ていれば到着する。

 

その権利を、一回数万円で購入できるのだ。

 

他にも、日常的な所で使うものとして

 

ボールペン、ノート、時計、靴、洋服、傘...

 

こういうものも、全てをゼロから作ろうとなると

とても一度の人生では手に負えないことだろう。

 

それらの商品やサービスを、企業が作る際には、

もの凄く膨大な経費がかかっている事実もある。

 

開発費用、時間、数々の犠牲の上で出来たのだ。

 

それを、ただお金を払うだけで手に入れることができる。

 

『代わりにやってくれてありがとう』

 

そういう『感謝』の代わりにお金を支払うのだ。

 

お金とは

 

『感謝を表したもの』

 

お金とは

 

『相手を応援するもの』

 

この2つの価値観を持っている人は

長期的に幸せな経済活動を実現するのだ。

...

 

僕はこの話を聞いて、素直に感動した。

 

この日、他にもお金とビジネスについて

本当に様々なことを教わった。..

 

・全てのビジネスに共通している超意外な『本質的価値』について

・人生を豊かに生きる上で一番大切にすべき『●●』の重要性

・これからの時代、本格的に必要になる新時代マーケティング

・趣味や経験を分ち合うだけで一生分以上のお金を引き寄せる手法

 

などなど、当時は目から鱗の内容ばかりでした。

 

もちろん出し惜しみせず、これから1つずつ

このサイトで丁寧に話していこうと思います。

 

 

続く、

 

 

▶︎第十話:人の何倍も収入を増やす具体的な思考

 

 

▼この記事のまとめ


①お金を支払うということは、大きな社会貢献をしているのだ。

 

あなたがお金を支払うことで、様々な雇用に貢献し、新商品の開発を手助けし、大きく世界に貢献していることになる。社会の一員として、どうせなら楽しくお金を使おう。

 

②あなたがお金を受け取ることで、あなたの周囲は豊になり、また支払った相手もあなたに大きく貢献したことになる。

 

あなたがお金を受け取ることで、自分はもちろん様々な人を豊にすることが出来る。 そして、支払ってくれた相手も、あなたやあなたの家族に貢献してくれたことになる。感謝して、喜んで受け取ろう。

 

③お金とは『感謝』と『応援』を形にしたものである。

 

お金を支払うことで、支払い先の相手や会社に感謝を示し、その相手や会社がこの先もビジネスを続けられる様に、『応援の一票』を投じたことになるのだ。こうして考えることで、『奪い合う世界』から『与え合う世界』へ移行でき、それが幸せに経済的な成功をする秘訣なのである。


コメントをお書きください

コメント: 17
  • #1

    渡邉 (水曜日, 06 1月 2016 23:02)

    こんなに価値ある話を聞かせていただいて、本当に心から感謝します!

  • #2

    小林知央 (木曜日, 07 1月 2016 00:46)

    渡邊さまへ

    コメントとても嬉しいです。

  • #3

    岡田 (木曜日, 07 1月 2016 04:00)

    「与え合う」お金を読んでハッとさせられました。いつの間にかお金を稼ぐ事が目的になっている事に、改めて気付かされました。

    失う不安から独り占めにするイメージをいつの間にか抱いていたのだと思います。
    幸せを循環させるイメージは大切ですね!
    コツコツ練習します。

  • #4

    根本 (木曜日, 07 1月 2016 07:57)

    小林さんの発信する情報には価値観が刺激されて、とても感動します。
    お金の話も今回とても腑に落ちました。続きが楽しみです。

  • #5

    朝倉 (金曜日, 08 1月 2016 11:12)

    お世話になります。
    第一話から、ひきこまれるようにして 読みました。今まで知っていたことでも表面的にしかわかっていなかったんだなぁとつくづく思いました。沢山の気づきをありがとうございます。娘にもシェアしたところ、とても感動し、人生観が変わったようです。毎日、このストーリーを繰返し読み、自分のものにしたいと言ってます。
    こんな素晴らしいものを世にだしていただいたこと感謝いたします。
    ありがとうございました。

  • #6

    小林知央 (金曜日, 08 1月 2016 14:11)

    岡田さま>>

    僕も含め、人は誰でも時間の中で
    本質からブレてしまうものだと思います。

    しかしその度に、自分の軸を
    強めていくことにもなります。

    なので、ブレることも
    素晴らしいプロセスです!

    応援しています!

    小林知央

  • #7

    小林知央 (金曜日, 08 1月 2016 14:12)

    根本さま>>
    嬉しいコメント、励みになります。

    これからもよろしくお願いします!

  • #8

    小林知央 (金曜日, 08 1月 2016 14:13)

    朝倉さま>>
    こちらこそ、時間をかけてお読みいただき、とても嬉しく思っております。

    これからも日々発信していくつもりなので、今後ともよろしくお願いします!

  • #9

    溝井 (土曜日, 09 1月 2016 09:58)

    本当に感動です。
    学ぶ事が、多く、ショックを受けています。

    お金を、楽しく貰い、支払う事が出来るように、
    なれると、思うと、ワクワクしてきました。

    何度も読み反し、出来る事から、やってみよう
    と思います。

    ありがとうございます。

  • #10

    岡 昂瑠 (土曜日, 09 1月 2016 12:13)

    >『支払うことも嬉しい・受け取ることも楽しい』

    ちょっと忘れかけてました。思い出させていただきありがとうございます。
    たくさん稼いで、思う存分使って、循環させることが社会に貢献することでしたね!

    次回も楽しみにしています。

  • #11

    小林知央 (日曜日, 17 1月 2016 00:19)

    溝井さま>>

    前向きな刺激になれた様で嬉しいです!

  • #12

    小林知央 (日曜日, 17 1月 2016 00:21)

    岡 昂瑠さま>>
    >>ちょっと忘れかけてました。思い出させていただきありがとうございます。

    こういうのは、結局習慣なんですよね。

    周囲に居る人達とどんな価値観を共有しているのか..

    自分が毎回どんな気持ちでお金を使い、受け取るのか..

    自分の意識に気づくことから始め、認め、
    少しづつ育んでいけば良いのです。

  • #13

    鶴田 (木曜日, 28 1月 2016 20:06)

    お金って素晴らしいですね。
    今日私が支払ったお金がふわっと広がって、みんなが笑顔になっていくイメージができました。
    そしてまた自分にも循環しているんですね。
    うまく言えませんが、幸せだなぁと思いました。
    ありがとうございます。

  • #14

    H (月曜日, 11 4月 2016 21:18)

    目からウロコのお話。
    お金は汚い、お金は悪。お金の話を口にするなんて・・・。の考え方が一変しました。
    そういえば、私の周りにお金は感謝状、お金は喜んで払うものという人達がいます。
    彼らが何を言っているか、とても腑に落ちました。友達価格で値切る人は本当の友達ではない。本当の友達は、感謝と応援の意味で余計に対価を払ってあげるべきだ。
    この話を読んだ今、本当にそう思います。いただく時も、ありがたくいただくようにしますはー

  • #15

    山田 (月曜日, 11 4月 2016 21:32)

    小林さま
    素敵なお話ありがとうございます。
    お金は回って自分に戻って来る。という事がどういう事か腑におちました!
    次回のお話楽しみです(*^_^*)

  • #16

    高木 (日曜日, 07 10月 2018 16:05)

    どこかでお金は悪魔の発明品だなんて話を読んで今まで少なからずそう思ってましたが、今回の話で考えが改まりました。お金さんは悪くないよね。なんか感動しました。

  • #17

    (月曜日, 22 10月 2018 13:50)

    有り難うございます。
    やっと、今の時点で、社会貢献、宇宙貢献?と御金の循環のエネルギーの流れに
    繋げていただけました。∞
    小林さんはメンターです。